3度の飯より風俗
フリースペース
サイトマップ
 >  > 神戸の福原のソープ街は昼夜で姿を変える

神戸の福原のソープ街は昼夜で姿を変える

兵庫県の風俗といえば大体は神戸の福原と三宮が代表格になるのではないでしょうか。兵庫県内でもそれなりに風俗店が栄えて入るのですが、この2エリアが非常に栄えてしまっているのでその他のエリアは霞んで見えてしまうのも事実です。ですが、主に運営されている業種はデリヘル店が多く、店舗を構えない無店舗型が主流のようです。三宮もデリヘル店が多く、総勢で100店舗近くが運営していると言われています。一方福原の場合はデリヘル店も数店舗はあるのですが、圧倒的にソープ店や店舗型で運営している風俗店が多く、福原に関してはソープ街という言葉がマッチします。福原のソープは神戸でも随一の人気を誇り、連日多くの男性客が福原に訪れています。福原駅を降りて柳筋通り方面へ向かえばすぐにソープ店が所狭しと軒並みを揃えて点在しています。このソープ街の中には激安ソープ店や高級ソープ店もあり、男性利用客の都合に合わせてソープ店を使い分けることも出来ます。福原のソープは料金の高い安いだけではないのです。コンセプトも様々でコスプレ系やイメージプレイから人妻系など自分の好みに合わせてお店を選べますので余すこと無くソープを楽しむ事ができます。またソープ店なので大変人気がありますが、福原のソープはお店数が他のエリアに比べて段違いにありますので、お店を探せばすぐに遊べるソープ店も見つかるはずです。町並みは三宮に比べて古い印象を受けるかもしれません。福原は三宮ほど発展している街ではないので駅周辺といえども景観に大きな差があることがわかります。福原はソープ街で人気ではありますが、観光地としては無名で風俗遊び以外ではまず訪れることがないので女性は福原に特別な用がない限り立ち寄らないのではないでしょうか。神戸市の中でも観光地とはかけ離れている福原は地元住民の方かソープに務めている方、ソープを利用しようとしている男性客のみしかおらず、街は静かでわりと閑散としています。風俗街の近くの駅と聞くと喧騒な騒がしい街をイメージしますが福原の場合はどこかそういったイメージは無く、日中は静かそのものです。

[ 2014-01-01 ]

カテゴリ: ソープ体験談

神戸福原の高級ソープランドF-1club(エフワンクラブ)